カワウソ女子のアラサー日記〜埼玉在住のWebデザイナーの日常〜

埼玉在住のカワウソ顔女子がアラサーの日常を書いています。元旅行会社勤務、独学Webデザイナー、個人事業主、色々やってきましたが、今は自分で新規ウェブサービスを開発しています。仕事の事、旅行・ゲームの事を中心に、色々な話題を取り上げています。

全国高校野球選手権大会「広陵(広島)-花咲徳栄(埼玉)」の決勝戦のポイントまとめ

スポンサーリンク

f:id:kawauso-girl:20170823134501p:plain

こんにちは!

今日は、この話題しかないと思ってささっとブログを書いていきます!みなさん、高校野球見ていますか?私は毎年結果だけ見る派だったのですが、今年は開幕試合から含めてかなりの試合数をテレビで見ていました。その中で、決勝戦を見るにあたりのポイントをまとめておこうと思います。ちなみに、まとめると言っても素人アラサー目線ですのであしからず!

2017年の高校野球決勝カードは?

今年2017年は全国高校野球選手権大会は99回目を迎えました。その決勝のカードは広島代表の広陵高校埼玉県代表の花咲徳栄高校となりました。まず、この2校についてちょっと見てみたいと思います。

広陵高校

広陵高等学校(こうりょうこうとうがっこう)は、広島県広島市安佐南区伴東にある私立の高等学校です。調べてみると広島県では結構有名な学校みたいですね。また、普通Ⅰ類と普通Ⅱ類があり偏差値は普通Ⅰ類が54、普通Ⅱ類が46となっています。また、進学に力を入れている学校のようです。ちなみに、ホームページはダs・・・(私立でお金あるんだからリニューアルすればいいのにねぇ)

花咲徳栄高校

花咲徳栄高等学校(はなさきとくはるこうとうがっこう)は、学校法人佐藤栄学園が運営し、埼玉県加須市花崎に存在する普通科と食育実践科を併設する男女共学の私立高等学校です。私は北関東に実家があるんですが、そこでも「野球」や「調理科」「学費が高い」で有名でした。私も、その頃は調理関係に進みたいなーという気持ちもあったのですべり止めで受けた記憶があります。こちらの学校は、アルファコースとアドバンスコースと食育実践科があり偏差値はアルファ/特別選抜は62、アルファ/理数選抜は61、アルファ/文理選抜は56、アドバンス/選抜進学は50、アドバンス/特別進学は49、アドバンス/総合進学は46、食育実践は44となっています。さすが進学校とあって、全体的に高い印象です。

こう見ていくと、公立高校出身の私は「結局今年も私立校か〜」と公立・私立で壁を作ってしまいがちなのですが、現さいたま市民としては、やはり埼玉代表に優勝してほしい気持ちがあります!では、決勝戦のポイントを見てみます!

ポイント1:どちらが勝っても初優勝!

Baseball

※イメージです

花咲徳栄高校は過去夏の甲子園に3年連続5回目の出場ですが今までに一度も優勝したことはありません。また、広陵高校についても3年ぶり22回目の出場ですが今まで優勝したことはありません。

今回の決勝では「優勝」への思いが募った2校なのでますます決勝が楽しみです。

ポイント2:広陵、大会新記録の6本達成の中村奨成捕手

Celebrating Teixeira's Home run

※イメージです

広陵は今年も、数多くの優勝候補と戦ってギリギリの試合も競り勝ってきました。その中でも準々決勝ではキャッチャーとしての肩の強さが注目され、準決勝では大事な場面でホームランが打てる精神力と大会新記録を塗り替えたホームランバッターでもあります。もちろんこの選手だけではないのですが、やはりこの中村選手が居なければ決勝までは進めなかったのではと思います。

この優勝をかけた戦いでは、いつもの安定の守備とホームラン数をどこまで伸ばせるかに大注目です!

ポイント3:花咲徳栄、150キロの豪速球右腕・清水達也投手

Power and grace

※イメージです

もちろん、広陵高校だけでなく徳栄高校にも注目選手がいます。このチームは、打たせても取る!塁に出してもその後ダブルプレーをする!という、守備が特に素晴らしいと感じているのですが、注目すべきは清水達也投手。150キロの速球ピッチャーです。

広陵は、この150キロを攻略しなければ優勝はできませんし、決勝の大舞台で150キロを超える速球は出せるのかに注目しています。

ポイント4:高校生ならではの熱いチームワーク

最後は、やはりプロ野球とはちょっと違う高校生特有の熱さ、チームワークではないでしょうか。今までの試合でも負けてしまった、または負けてしまうと悟ったときの涙は大人ではなかなか流すこともないでしょうし、高校生ならではの感情だなぁと思い、ついついこちらも熱くなります。(見てるだけなんですけどね)

これは結果の○-○で○○高校優勝!という活字だけを見ても伝わりません。リアルタイムで見ることができなくても、夜のダイジェスト等やネットで見ていただけるときっと「懐かしい」と思えるかもしれませんね。

ちなみに、今やっているアプリで高校野球に関するゲームアプリがあります。リアル青春が遅すぎる分、ここで青春してやろうと思います。

さて、そろそろ決勝戦が始まります!